在宅看護

ブランク後の復職ではこんな事に気を付けよう!看護技術はブランクがあると忘れます!事前の準備も必要ですね。

看護師の仕事は不規則でハードなので、家庭と両立させる事は簡単ではありませんよね。
ですから、子育てや介護に専念する為に職場を離れる看護師は沢山います。
そして、ほとんどの方は、いずれは仕事に復職する事を考えています。
看護師というのは、資格さえ持っていれば仕事に困る事はありませんよね。
いろいろな職場で活躍する事ができますし、看護師不足という事もあり、常に沢山の求人がでています。
でも、ブランクがあると、実際に仕事に復職するのは難しいんですよね。(=Q=g)

 

皆さんご存知のように、医療というのは、毎日進歩していますよね。
昔は手書きのカルテだったのに、今はほとんどの職場が電子カルテが導入されているし、
知識や技術がどんどん新しくなっています。
看護師として仕事を続けていても、新しい知識や技術を覚えるのが大変なくらいなんですよ。
だから、職場を離れているブランク看護師の場合は、とても不安ですよね。
職場を離れている事で、知識や技術を忘れてしまう事も沢山あります。>_<
そのような事が理由で、なかなか仕事に復帰できないでいる看護師が、かなり沢山いるんですよ。

 

復職に失敗しない為には、復職支援の制度が整っている職場を選ぶ事が大切です。
復職支援セミナーを行なっていたり、プリセプター制度がある病院だったら、安心して復職する事ができますよね。
復職する事を考えて、普段から自分なりに予習や復習をしている事も大切だと思うんです。
でも、実践はまた違いますから、しっかりと支援してくれる職場を選ぶ事をお勧めします。(^=O)
そうする事で、中途採用の不安も軽減されるし、挫折する事なく長く働く事ができます。
せっかく復職するんですから、長く働きたいですよね?
その為には、職場選びは大切ですね。